スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興、変化、記憶



こんにちは


今日の山田町は晴れで、
昨晩降った雪がうっすら積もっています
IMG_3953.jpg


前回のブログでは予想以上の反響を頂き、
Facebookでは約4,000リーチにもなりました

こんなにもつたない文章ですが、
ご覧頂き誠にありがとうございます。


では、本日も山田町内の今をお伝えしたいと思います。









国道が変わった「山田地区」

DSC_5145_convert_20160114090159.jpg
うっすら見えるまっすぐ続く道がが旧国道。
今は左手へと進んでいきます。

DSC_5187_convert_20160114090236.jpg
ここは目の前が旧国道で、左手奥に見えるのが新しい国道です。
右手には仮設商店街が並びます。



山田で働いていながら、こうやって山田の街を歩くのは
3年にして初めてのことかもしれません。

写真を撮っている間、何台もトラックやダンプが通ります。

そのたびに地面が揺れます。

周りからは土砂を運ぶ音や、
空気の振動が伝わってきます。



DSC_5181_convert_20160114090221.jpg


DSC_5127_convert_20160114090135.jpg






写真を撮っていると
山田の工事現場の方から話しかけられ、
少しの間立ち話をしました。

「高齢の方で車を運転している人は
 みんな混乱していると思う。」

「危ない場面をたくさん見てきた。」

「道がわからず、交通整備の方に聞いても
 県外から来ているために説明ができないようだ。」

いろいろなお話をお聞き出来ました。






ふと、目線を変えると防潮堤が新しく立ち始めています。

DSC_5133_convert_20160114090146.jpg
左側が旧防潮堤で約4m。右側が新しい防潮堤で約10m。

DSC_5148_convert_20160114090211.jpg
太い鉄筋が中に入っています。

DSC_5200_convert_20160114090245.jpg
ここは、もともとの道と盛土の様子です。
緑色のものがベルトコンベアで、山を削り、土を運んでいます。




町内を車で回るたび、
いたるところで道が変わっていることに驚きます。


災害公営住宅の建設も進んできました。



DSC_5106_convert_20160114090123.jpg
関谷地区

DSC_5073_convert_20160114090033.jpg
大沢地区


この他の地区でも
山田南、織笠、大浦など9箇所が建設されるそうです。



各地区の変化も書きたかったのですが、
今回のブログだけでかなりの量になってしまうので
次回の掲載にしたいと思います。




先ほどお昼休みに北海道付近で
最大震度5弱の地震が発生しました。

津波の心配はないようですが、
先日は青森内陸でも震度5の地震がありました。


いつ

なにが

どこで

起こるか分かりません。


自分事ではないと思わずに、
心のどこかで覚えていただければ幸いです。





「もう、同じ経験をして欲しくはない。」


山田町の方からよく聞こえる声です。








先人の言葉というのは、

現代にも通じるアドバイスであるように

現場の生の声は、

県外の方々への最大のお願いです。








どうかあの日を忘れずにいてください。


ボランティアセンター 木村
スポンサーサイト
      

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK



Designed by Akira.
Copyright © 山田町社協ボランティアセンター公式ブログ~山田社協マンが行く~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。