スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月日の流れ



おひさしぶりです

更新が大変遅くなってしまい申し訳ございませんm(_ _)m



本日3月31日で平成25年度は終わりを迎えます。

自分がここ山田町で働かせていただくようになってから、1年が経とうとしております。

初めてボランティアに来た2年前。
その時に出会った子供は春から中学2年生。
今年からミニバスの指導をさせていただいた6年生は制服を着て中学校へ。


時の流れって恐ろしいですね。笑

子供の成長は早いなあ。と感じるこの頃。
自分も同じだけ歳をとっていくんですよね




さて、ご報告が大変遅くなってしまいましたが
3月11日には本当に多くの方々のご支援、ご協力を頂き
「3.11ともしびのつどい」は無事に終了いたしました。



当日の状況ですが、曇り空と暴風の中竹灯籠を並べ
開会式を始める時には雪が舞い始めました。
3.11 3


灯火を分灯し、竹灯籠の中のロウソクへ灯りをともしていたのですが
強風によってほとんどの火が消されてしまいました。

何度も何度も分灯をしている間にも、刻々と2時46分に近づいていきます。



全体
2時46分まで残り5分となったところで、風と雪がやみ、日が差し始めました。

言葉では表せないことが何度も起きました。







そして、2時46分。







風がやみ、ほとんど全ての竹灯籠に灯りがともった中、
防災無線から流れるサイレンとともに参加者全員で黙祷。
黙祷







3年前のこの日、この時間。

何がどう変わったのか、自分は体験していないので何も語ることはないのですが
3年経った今でも東北では、あの1日が続いていること。
3年間ずっと現地の人たちは戦い続けていること。

3月11日という一日だけを想うのではなく
どうか今の現状を知り、少しでも考えて欲しい。


そして、県外にいる人たちへ現地の人たちの想いを伝えることこそ
県外からここへきて、ここに住み、働いている自分にできることだと思いますし
やらなくてはいけないことだと思っています。




振り返るととてもたくさんのことがありました。

今になってみると一瞬の出来事のようですが。。。



この1年、本当に自分は迷惑ばかりおかけして
残せたものなどないと思っています。

来年度、明日から一日一日をしっかりと踏みしめ
責任をもってやるべきことをやっていきます。






地元の静岡では桜が開花しているようですが、山田はまだまだ蕾です。

自分の周りではいろいろなことが進み、いろいろなものが成長していきます。

来年度もまた多くの笑顔を見ることができるように
自分も周りと同じように、少しずつでも成長していきます。




灯火 分灯

希望の光

笑顔明るく

灯籠流し

歩く

若者の想い

分灯

感謝の気持ち

言葉 想い

整列




復興支え愛センター 木村
スポンサーサイト
      

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK



Designed by Akira.
Copyright © 山田町社協ボランティアセンター公式ブログ~山田社協マンが行く~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。